風俗嬢が答えます!恋愛エッチ業界話

接客数のべ20,000人の元風俗嬢が、風俗嬢との遊び方や風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話やエッチなことなど様々な疑問に答えます
このブログについて
※当ブログには18歳未満の方に相応しくない情報が含まれています
このブログは私が風俗嬢として体験したことや感じたことを赤裸々に綴っています。
客寄せの媚びブログとも違う、ネカマの書いたエロブログとも違う。
正直でわがままで真面目で辛口で毒も吐きますのでご注意を☆

当ブログはFC2のブロマガ(課金記事システム)を利用しています。
『ブロマガ(課金記事)購読する』と表示されている記事を読む場合、FC2IDをお持ちでない方は購入前にまずFC2IDの登録(無料)が必要となります。
ブロマガを購読するとブログ内の有料記事を含むすべての記事を読むことが出来ます。
※ブロマガの購入方法や閲覧方法の詳細はこちらをご覧下さい。
■恋愛話を最初から読むにはここから→ 風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).52

「ごはん食べに行こっか。…あ、帰らないとマズイか…。」

「ううん、大丈夫。ごはん行きたい。」

車で5分ぐらいの場所にあるファミレスに入った。
オーダーを済ませると私はトイレに行き、彼氏に『今日は遅くなる』という主旨のメールを送った。


このファミレスで彼は、私がさっき初めて彼の名前を呼んだことを「嬉しかった」ととても喜んでいた。

それと、二人にとってちょっとした進展もあった。
今更だが、お互いの生年月日と家族構成を話した。
彼は私より3つ年上、一人暮らし。結婚歴なし、彼女もいないと聞いて私は安心した。


「はるかちゃん、連絡先教えて。」

「あぁ、そうよね。」

「あれから結構キツかったよ。もう会えない気がしてね。」

「ごめんね。」

彼がそんなふうに思っていたとは想像もしていなかった。
辛いのは私だけじゃなかった。

私は自分の携帯の電話番号とメアドとPCのメアドも教えた。


「はるかちゃんの携帯って色気ねーな。オヤジみたい。」

私の携帯電話には彼からもらった深緑色の大仏ストラップがぶら下がっているだけだ。

「すべてはコイツのせいよ。」

私が大仏ストラップを指して彼を睨むと、彼はすごくいい顔をして笑っていた。



「ねえ、今度の休みっていつ?」

仕事はお互いに不規則だが、私が働いている店は完全自由出勤制なので予定はどうにでもなる。

「決まってないけど。何?デートなら優先させるよ(笑)」

「デートのお誘いだよ(笑)」

「いつ?」

「再来週の日曜日、試合見に来れる?寂しい想いはさせないから。」

あ…ずっと前に私が「一人で観戦は寂しい」って言ったこと覚えてたんだ。

「行くよ!ありがとう。」

「それまでにもまた会おうね。」

「うん。」


-53へ続く-


関連記事
[ 2012/06/27 10:02 ] 恋愛のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

高橋はるか

Author:高橋はるか
接客数のべ20,000人
風俗で経験した業種は、ヘルス・性感・イメクラ・ピンサロ・オナクラなど
私の体験や本音を赤裸々に告白
風俗嬢との遊び方、風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話など様々な疑問にお答えします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。