風俗嬢が答えます!恋愛エッチ業界話

接客数のべ20,000人の元風俗嬢が、風俗嬢との遊び方や風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話やエッチなことなど様々な疑問に答えます
このブログについて
※当ブログには18歳未満の方に相応しくない情報が含まれています
このブログは私が風俗嬢として体験したことや感じたことを赤裸々に綴っています。
客寄せの媚びブログとも違う、ネカマの書いたエロブログとも違う。
正直でわがままで真面目で辛口で毒も吐きますのでご注意を☆

当ブログはFC2のブロマガ(課金記事システム)を利用しています。
『ブロマガ(課金記事)購読する』と表示されている記事を読む場合、FC2IDをお持ちでない方は購入前にまずFC2IDの登録(無料)が必要となります。
ブロマガを購読するとブログ内の有料記事を含むすべての記事を読むことが出来ます。
※ブロマガの購入方法や閲覧方法の詳細はこちらをご覧下さい。
■恋愛話を最初から読むにはここから→ 風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).53

それから私と彼は、毎日PCのメールで連絡を取りあった。

普通の恋人同士が夜寝る前に電話するように、その日の出来事やどうでもいい話など、いろいろなことをメールでやり取りした。

私が仕事のときは携帯電話で話したりメールなどもしたが、私が彼氏と一緒に住んでいるので、彼はとても気を遣っていた。



週の半ばに一度、仕事の帰りに彼と映画を観に行って食事をした。

実はこの映画のとき、2時間弱の上映時間のうち私は全部合わせてもおそらく5分ほどしか見ておらず、ずーっと爆睡していた。
彼はそのことにまるで気付いていないように振る舞い、その代わり映画の話にも一切触れないのでそれが逆に怖かった。

食事をしながら日曜日の話をし、
この前と同じ場所に彼が迎えにきてくれることになった。



その日から日曜日までの間に、私は引っ越し先を決めた。

この前相談に乗ってくれた親友と物件を見て回り、結局親友の家のすぐ近くに引っ越すこととなった。

彼女は「彼んちの近くにしなよぉ」と言っていたが、さすがにそれは図々しくてなんかやらしい気がしたので遠慮した。

「じゃ、うちんちの近くにしなよ」と言うのでそれには甘えた。
やっぱりなんの目的もなく誰も知り合いがいない街に一人で住むのは寂しい。彼女の家の近くならなんとなくの地理もわかるし、何より心強いと思った。


「奴(彼氏)とは最近どう?」

「一緒にいる時間を減らしてるよ。家事もやったりやんなかったり。」

「徐々にだよ。」

「うん。」


引っ越し先の掃除をし、荷物も少しずつ運び出した。

私は仕事の時間をずらして彼氏との生活スタイルを少しずつ変えていた。
別れるために計算してそうしているというよりも、自分が彼氏と一緒にいるのが嫌なので、気付いたらだんだんそうなっていたという感じだ。

彼と初めて外で会ったあのデートから約2週間、彼氏とは一度もセックスもキスもしていない。

元々彼氏とはセックスレスではなかったので、なんだかんだと理由をつけて断っているのにも無理があり、さすがにちょっとヤバい気もしてきた。

-54へ続く-


関連記事
[ 2012/06/27 23:59 ] 恋愛のこと | TB(0) | CM(2)
Re:
> ハ○○ー様

素晴らしいですね!
経験者にしか語れないアドバイスはかなり参考になると思いますよ。

○九の○×○○、チェックしてみますね。
(すでになんとなく想像つきますが…)

話は変わりますが、私のことをいろいろな人に宣伝しないで下さいよー(汗)
大変恐縮ですしプレッシャーですからっ!
もう、頼みますよぉ。

では、おやすみなさい!
 
[ 2012/06/28 00:42 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/06/28 00:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

高橋はるか

Author:高橋はるか
接客数のべ20,000人
風俗で経験した業種は、ヘルス・性感・イメクラ・ピンサロ・オナクラなど
私の体験や本音を赤裸々に告白
風俗嬢との遊び方、風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話など様々な疑問にお答えします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。