風俗嬢が答えます!恋愛エッチ業界話

接客数のべ20,000人の元風俗嬢が、風俗嬢との遊び方や風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話やエッチなことなど様々な疑問に答えます
このブログについて
※当ブログには18歳未満の方に相応しくない情報が含まれています
このブログは私が風俗嬢として体験したことや感じたことを赤裸々に綴っています。
客寄せの媚びブログとも違う、ネカマの書いたエロブログとも違う。
正直でわがままで真面目で辛口で毒も吐きますのでご注意を☆

当ブログはFC2のブロマガ(課金記事システム)を利用しています。
『ブロマガ(課金記事)購読する』と表示されている記事を読む場合、FC2IDをお持ちでない方は購入前にまずFC2IDの登録(無料)が必要となります。
ブロマガを購読するとブログ内の有料記事を含むすべての記事を読むことが出来ます。
※ブロマガの購入方法や閲覧方法の詳細はこちらをご覧下さい。
■恋愛話を最初から読むにはここから→ 風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).54

待ちに待った日曜日。彼の試合を観に行く日。

私はこの前のデートのときよりも早く家を出たが、待ち合わせ場所に行くとまた彼の方が先に着いていた。



「そういう格好も似合うね。」

「そういえば、いつもスカートだもんね。」

私はTシャツとジーパンのラフな服装を彼に見せるのは初めてだったので少し照れた。


「でもクリスマスのときはサンタだったよね。あ、あれもスカートか(笑)」

「そんなの思い出さないでよ。」

「なんで?可愛いんだからいいじゃん。」

彼は普通に笑っていたが、私はちょっと馬鹿にされた気がした。
それから彼はいつものようにサングラスを掛けて車を走らせた。


「ユウくんていつもサングラス掛けてるね。」

「あー。そうだね、都内は人が多いから。」

「人が多いから?…まぁそうだけど。」

「なんか人目が気になって嫌なんだよ。」

人混みが嫌いというならわかるけど、人目が気になる?


「なんで?私と一緒にいるのを見られるのが嫌だから?」

「違う違う、そういうわけじゃないよ。」


私は意味がわからず納得できなかったが、とりあえずここは引こうと思った。

彼にとって今日の試合がどの程度重要なものなのか、私にはさっぱりわからないが、車の中を不穏な空気にして会場に向かうべきではないと思った。



「ねえ、はるかちゃん。俺の勘違いだったら悪いんだけど…」

「何?」

「伊藤○○くんって知ってる?」


懐かしい名前。
えっ、彼は気付いてたんだ!

すっかり忘れていたが、私と彼には共通の友人がいたのだ。それで私は初めのうち、彼のことをとても警戒していた。
なんでそんな大事なこと忘れていつのまに警戒しなくなったんだろう。


-55へ続く-


関連記事
[ 2012/06/28 08:51 ] 恋愛のこと | TB(0) | CM(2)
Re:
> ハ○○ー様

はーい。マイペースで頑張ります!

コメントは、もちろん記事の内容と全然関係なくてもかまわないのです。
今更何をおっしゃいますか(笑)
コメント欄は唯一コミュニケーションを取れる場なので、これまでのように活用して下さい♪

○○○ ○×○○はキツイですね。
3ヶ月もどんな訓練を受ければいいのでしょう…。
ぶっ壊れちゃいますよ~ 考えられないし考えたくもないかも(> <)


私は今日はもう帰宅していますが、お昼ごはんを食べ損なったので今から夕飯です。
こんな時間にごはん食べたら夜中にお腹すいちゃいますけどね(笑)
 
[ 2012/06/28 17:00 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/06/28 10:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

高橋はるか

Author:高橋はるか
接客数のべ20,000人
風俗で経験した業種は、ヘルス・性感・イメクラ・ピンサロ・オナクラなど
私の体験や本音を赤裸々に告白
風俗嬢との遊び方、風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話など様々な疑問にお答えします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。