風俗嬢が答えます!恋愛エッチ業界話

接客数のべ20,000人の元風俗嬢が、風俗嬢との遊び方や風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話やエッチなことなど様々な疑問に答えます
このブログについて
※当ブログには18歳未満の方に相応しくない情報が含まれています
このブログは私が風俗嬢として体験したことや感じたことを赤裸々に綴っています。
客寄せの媚びブログとも違う、ネカマの書いたエロブログとも違う。
正直でわがままで真面目で辛口で毒も吐きますのでご注意を☆

当ブログはFC2のブロマガ(課金記事システム)を利用しています。
『ブロマガ(課金記事)購読する』と表示されている記事を読む場合、FC2IDをお持ちでない方は購入前にまずFC2IDの登録(無料)が必要となります。
ブロマガを購読するとブログ内の有料記事を含むすべての記事を読むことが出来ます。
※ブロマガの購入方法や閲覧方法の詳細はこちらをご覧下さい。
■恋愛話を最初から読むにはここから→ 風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).87

キッチンからコーヒーのいい香りがする。
しばらくすると彼は両手にコーヒーの入ったマグカップを持って戻って来た。

「これ飲んだら出掛けるよ。」

「…うん。」


コーヒーを飲み終えると下に降り、マンションの駐車場へ行って“いつもの車”に乗った。もうこの車にも慣れたせいか、私はさっきの車よりこっちの方がなんとなく落ち着く。

彼は車のエンジンをかけた後、私にキスをした。

「よし、行くぞ。」

このキスは彼なりの“リセット”だと思った。



「ねぇ、どこ行くの?」

「初めてだね。」

「……?」

「初めてどこ行くか聞かれた。」

彼はちょっと笑っている。
私は彼の言っていることがよくわからなかった。


「はるかちゃんは俺が黙って車に乗せても行き先を聞いたことないんだよ。」

「あ、…そうかも。」

「なんで?ずっと不思議だったんだけど。」

「うーん。どこでもユウくんと一緒なら…」

「でも最初のデートからそうだったよ。不安じゃなかった?」

「うん。だって最初のデートから好きだったもん。」


「じゃあ、今なんでどこに行くか聞いたの?」

「え…?」

なんなんだ、この誘導尋問的な質問の意図は。


「どこ行くか心配なんだろー(笑)」

「そんなことないよ。」

「はるかちゃんのパジャマを買いに行くんだよ。」


彼はとても楽しそうに運転している。
なんで人のパジャマ買うのにそんなにいい笑顔になれるのだろうか。

「ありがとう…。」


-88へ続く-


関連記事
[ 2012/07/12 22:58 ] 恋愛のこと | TB(0) | CM(3)
Re: ヒデ様
ご訪問&コメントどうもありがとうございます。

記事は自分のことなので客観視できませんが、過去のことなので、一歩引いた状態で書いたり読んだりしています。
それでも、我ながら微笑ましくもあり切なくもある場面はいろいろありますね(笑)

今後ともよろしくお願いいたします♪ 

[ 2012/07/14 09:18 ] [ 編集 ]
はじめまして
ブログ拝見させていただきました。
私事ですが、私も風俗の子と付き合った事があります。
拝見させていただきお互いの微妙な空気といいますか、、
なんだか微笑ましくもあり切なくもありました(笑)

また遊びにきます。
[ 2012/07/14 00:30 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/07/13 19:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

高橋はるか

Author:高橋はるか
接客数のべ20,000人
風俗で経験した業種は、ヘルス・性感・イメクラ・ピンサロ・オナクラなど
私の体験や本音を赤裸々に告白
風俗嬢との遊び方、風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話など様々な疑問にお答えします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。