風俗嬢が答えます!恋愛エッチ業界話

接客数のべ20,000人の元風俗嬢が、風俗嬢との遊び方や風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話やエッチなことなど様々な疑問に答えます
このブログについて
※当ブログには18歳未満の方に相応しくない情報が含まれています
このブログは私が風俗嬢として体験したことや感じたことを赤裸々に綴っています。
客寄せの媚びブログとも違う、ネカマの書いたエロブログとも違う。
正直でわがままで真面目で辛口で毒も吐きますのでご注意を☆

当ブログはFC2のブロマガ(課金記事システム)を利用しています。
『ブロマガ(課金記事)購読する』と表示されている記事を読む場合、FC2IDをお持ちでない方は購入前にまずFC2IDの登録(無料)が必要となります。
ブロマガを購読するとブログ内の有料記事を含むすべての記事を読むことが出来ます。
※ブロマガの購入方法や閲覧方法の詳細はこちらをご覧下さい。
■恋愛話を最初から読むにはここから→ 風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).99

私は彼の愛情をどう捉えればいいのかわからず困惑した。
やりたい放題やったくせに、結果、自分が動揺している。


ストーカー的な愛情は怖いから無理矢理違う方へ考えた。
うん。彼は人一倍寛大で純粋で正義感が強いというだけかもしれない。

彼は捨てられた子犬を拾うような感覚で、たまたま出会った風俗嬢に同情して『このコの面倒を見てあげよう』と決めてしまったのかもしれない。
『俺がそう決めたんだからそうする!』だとしたら、まぁ、ある意味それは彼らしいかもしれないが、それもまた非常に怖い。


「なんかペットの話がどうもしっくり来ないっていうか…。」

「ごめん。わかりやすいと思ってあえて例えたんだけど。」

「うん、わかりやすかったけど。」

「“ペットみたいなもん”ていう言い方は悪かった。俺らは対等だから。」

「わかってるけどね、なんでそこまで思えるかなって…納得できない。」

彼は私を抱き上げて、自分の膝の上から降ろして隣に座らせた。


「俺は結婚もプロポーズもしたことないけど、たぶんそういう心境だよ。」

「いやいや、もう言ってること全然わかんないよ。」

「だから究極、はるかちゃんがいるだけでいいってこと。」

「だからー、なんでそう思えるのかわかんないの!」


好きというのはもうわかっている。
問題はその“好き”の深さ重さ大きさ。
なんで私なんかをそこまで想うのか、それが不可解で不安で不気味だ。


「はるかちゃんのことは、弱さや汚さも含めて全部大好きだからだよ。」

「弱さも汚さも好きだから風俗嬢でいいの?同情してるってこと?」

「それマジで言ってんの?頭悪いな。」

「好き嫌い以前に“面倒見てあげよう”って決めたんじゃなくて?」

「なんで俺が風俗嬢に同情して面倒見なきゃなんないの?どんな趣味だよ。」

「だってユウくんは優しいから。」

「そんな慈善活動するほど優しくねーし暇でもねーよ。」

疲れる。
なんだか私の方が消耗してきた。


-100へ続く-


関連記事
[ 2012/07/29 12:25 ] 恋愛のこと | TB(0) | CM(2)
Re: 40代たまご様
こんにちは。
あたたかいお言葉、どうもありがとうございます。

風俗は他の仕事と違って皆嫌々やっているので、接客業にもかかわらず基本的な挨拶や気遣いさえも出来ない女のコが意外と多いんですよね。
だから当たり前のことを出来る女のコは、それだけでリピーターが増えていきます。

風俗店にいらっしゃるお客様は性格も遊び方も様々ですが、40代たまご様の考え方は女のコにとって嬉しいことです(^ ^)
 
 
[ 2012/07/30 01:48 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/07/29 13:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

高橋はるか

Author:高橋はるか
接客数のべ20,000人
風俗で経験した業種は、ヘルス・性感・イメクラ・ピンサロ・オナクラなど
私の体験や本音を赤裸々に告白
風俗嬢との遊び方、風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話など様々な疑問にお答えします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。