風俗嬢が答えます!恋愛エッチ業界話

接客数のべ20,000人の元風俗嬢が、風俗嬢との遊び方や風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話やエッチなことなど様々な疑問に答えます
このブログについて
※当ブログには18歳未満の方に相応しくない情報が含まれています
このブログは私が風俗嬢として体験したことや感じたことを赤裸々に綴っています。
客寄せの媚びブログとも違う、ネカマの書いたエロブログとも違う。
正直でわがままで真面目で辛口で毒も吐きますのでご注意を☆

当ブログはFC2のブロマガ(課金記事システム)を利用しています。
『ブロマガ(課金記事)購読する』と表示されている記事を読む場合、FC2IDをお持ちでない方は購入前にまずFC2IDの登録(無料)が必要となります。
ブロマガを購読するとブログ内の有料記事を含むすべての記事を読むことが出来ます。
※ブロマガの購入方法や閲覧方法の詳細はこちらをご覧下さい。
■恋愛話を最初から読むにはここから→ 風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).113

毛布にくるまって抱き合い、彼は私の背中を指でなぞっている。
私は、優しくて激しくて濃厚な時間を過ごしたその余韻に浸っていた。


「ねぇ、そろそろ服着た方がいいよね。」

本当はいつまでもこうしていたかった。

「あー、そうだなぁ。」
 

服を着終えると、クーラーボックスから氷が入った袋を出し、溶けた氷水で手を洗った。ついでに紙コップに氷を入れてジュースを注ぎ、それを持って車に乗り込み朝日を待った。


しばらくすると、海のずっと向こう、地平線からわずかな光らしきものを感じた。海に近い空が徐々に確かに明るくなってきた。

地平線から眩しい光がゆっくりと上がり、それがどんどん大きくなっていく。


「すごーい!」

私が車から飛び出すと、彼も車から降りた。

太陽がゆっくりと昇り、水面はキラキラと輝き始めている。


「きれいだね。」

「うん。」

見ているときはゆっくりだったはずが、日が昇りきってしまうとそれはあっという間の出来事に感じた。

そして辺りを見回すと、この広い砂浜に本当に彼と二人っきりで居たということがわかった。

眩しいほどの朝の日差しの中、風はなく空気は少し冷たく清々しい気分。
今、彼とここにいるということが嬉しくてたまらなかった。


-114へ続く-


関連記事
[ 2012/08/19 01:09 ] 恋愛のこと | TB(0) | CM(2)
Re: 神戸の人様
良いプランですねー☆

その○○という所はわからなかったのでネットで見てみましたが、海産物がいろいろ美味しそうですしロケーションも素晴らしいですね!うん、花火もいいですね♪
そういう所でゆっくりできたら良い気分転換になると思います(^ ^)

自家発電ブーム到来、それもいいと思います(笑)
 
[ 2012/08/19 09:46 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/08/19 02:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

高橋はるか

Author:高橋はるか
接客数のべ20,000人
風俗で経験した業種は、ヘルス・性感・イメクラ・ピンサロ・オナクラなど
私の体験や本音を赤裸々に告白
風俗嬢との遊び方、風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話など様々な疑問にお答えします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。