風俗嬢が答えます!恋愛エッチ業界話

接客数のべ20,000人の元風俗嬢が、風俗嬢との遊び方や風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話やエッチなことなど様々な疑問に答えます
このブログについて
※当ブログには18歳未満の方に相応しくない情報が含まれています
このブログは私が風俗嬢として体験したことや感じたことを赤裸々に綴っています。
客寄せの媚びブログとも違う、ネカマの書いたエロブログとも違う。
正直でわがままで真面目で辛口で毒も吐きますのでご注意を☆

当ブログはFC2のブロマガ(課金記事システム)を利用しています。
『ブロマガ(課金記事)購読する』と表示されている記事を読む場合、FC2IDをお持ちでない方は購入前にまずFC2IDの登録(無料)が必要となります。
ブロマガを購読するとブログ内の有料記事を含むすべての記事を読むことが出来ます。
※ブロマガの購入方法や閲覧方法の詳細はこちらをご覧下さい。
■恋愛話を最初から読むにはここから→ 風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).132

「がっかりよ。ユウくんは私の性格もっとわかってると思ってた。」

「怒るとも思ったけど、はるかちゃんならわかってくれると思ったから。」

「なんでよ。」

「大切な人のために身を削る気持ちは誰よりもわかってるはずだから。」

「わかんないわよ。」


「じゃあなんで風俗で働いてるの?」

「………。」


「自分の不始末じゃないし欲のためでもないよね。お母さんのため?育ててくれた御家族のため?どっちにしても大切な人のためだよね。」

「それとこれとは事情が違うって。」

「同じだよ。大切な人のためならなんでもする。そうだろ?」


あーあ。何がどうしてこうなっちゃったんだろう。

とにかく、私が風俗嬢じゃなかったら彼はバカな気を起こさなかっただろうし、多額の現金を前に終わりの見えない話し合いなんてしなかっただろう。



「はるかちゃん、せめてこの金は受け取って。マンションは売らないって約束するから。俺はそこまでなら譲歩する。」

「ごめん、私は一歩も譲れない。」

ケンカではなく、お互いの立場の違い、考え方の違い。
私にとっては、彼が100%折れてくれないとどうにもならない問題だ。


「どうしてそこまで意地になるんだよ。」

「それを受け取るくらいなら、とっくの昔に客から巻き上げてるわよ。」

「………。」

「そうしなかったのは、私は最低な仕事してるけど人の心につけ込む詐欺師じゃないから。私にとって客はパトロンでも愛人でもカモでもなくてお客様なの。わかる?」

「よくわかるよ。」

「なのに好きな人の大切なお金になんて、尚更頼れるわけないじゃん。」

「いや、俺の金だからこそ頼っていいんだよ。」

「違うよ。ユウくんのお金だから余計ダメなの。」


彼はしばらく黙って考えていた。

私は自分の意志を曲げるつもりはない。
誰にも頼らず自力で這い上がると決めていたからこそ今日まで頑張ってこれたのだ。

ただ、これから私と彼はどうなってしまうのか…それがだんだん不安になってきた。


-133へ続く-


関連記事
[ 2012/09/08 00:34 ] 恋愛のこと | TB(0) | CM(14)
Re: 春ちゃん様
ありがとうだなんて、とんでもないです。
私の方こそ、どうもありがとうございます!
何か問題が起こったとき、その瞬間の自分の感情でいっぱいいっぱいにならないよう、冷静にその先を見られるようになりたいです。
私はカウンセラーの器じゃないですが、気が合いそうと言って頂けてとても嬉しいです(^_^)
 
[ 2012/09/09 14:01 ] [ 編集 ]
はるかちゃん、コメントありがとう!わかってもらえてありがとう。嬉しいです。はるかちゃんの言うように彼のことも楽にしてあげれる方法だったんだよね。 確かに自分の借金を大切な人に…なんて、心苦しいけど、その先に見えるものが明るいならそのほうがいいもんねー! これからも毎日の楽しみのブログだから応援してます。 はるかちゃんとは気が合いそう!(笑) 勿論私は、相談役!カウンセラーははるかちゃんだよ!(笑)
[ 2012/09/09 01:43 ] [ 編集 ]
Re: 三十路男様
お仕事お疲れさまでした。
ってゆーか、思わず笑ってしまいました。そうきましたか(笑)
そういうユーモアは大歓迎!もちろん誰にも内緒です♪

私は風俗のアドバイスしか出来ないです。なんて、そんなの自慢にもなりませんね。
なので『私だったらこうする』というのを書かせて頂きますね。
参考にはなりませんが(^ ^;)

まず、きっかけ作り☆
持ち物(携帯ストラップなど結構どうでもいいもの)を褒める。
食べ物(お菓子やつまみ等)を分けて「よかったらどうぞ」とすすめてみる。
わざとぶつかって「ごめんなさい」を可愛く言って様子をみる。又は、わざと物を落として拾ってもらう。
相手が何か食べてたら「おいしそうですね、それってどこで売ってるんですか?」と聞いて、自分も同じ物を買ってきて見せて「真似しちゃいました♪」と言う。
…女って嫌ねぇ。ってゆーか単に私があざといのでしょうか(汗)

きっかけさえ出来れば(又はきっかけなんかなくても)、もうその場のノリで大丈夫ですよ!
ただ、質問攻めにしないことと、相手のプライバシーに突っ込む質問をするときはまず自分の情報を開示してからすることが大事だと思います。

いいなー。私も行きたいなぁ(笑)
 
[ 2012/09/09 00:44 ] [ 編集 ]
Re: とーのー様
カタログありましたか!私は昨日はローソン行ってません(> <;)

んん?行方不明のお方の件は少々きな臭い感じがしてきましたね~。女と金には気をつけないと怖いですからね。
でもとにかく、ご無事でいらっしゃることと、ご家族の生活が大事ですよね。

明日はスッキリしてカラオケに行かれるといいですね♪
カラオケではとーのー様はどういう歌を歌うのですか?

本当に、いつも元気を分けて下さってありがとうございます。
 
[ 2012/09/09 00:30 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/09/08 22:09 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/09/08 17:17 ] [ 編集 ]
Re: 40代たまご様
40代たまご様、こんにちは。

どうもありがとうございます。おっしゃるとおりです。
彼と出逢う以前の恋愛も決してお互い軽い気持ちではなかったはずですが、こんなにも自分を大切に想ってくれる(そう思わせてくれる)人は過去にいなかったです。
まったく罰当たりな幸せ者ですね。
 
[ 2012/09/08 15:59 ] [ 編集 ]
Re: とーのー様
そのクッションカバーは高すぎますね~。
その価格ならちょっと洒落たインテリアショップで、クッションとクッションカバー両方買えそうです。

自宅に呼ぶタイプのデリヘルは、お客様はラクチンでしょうけれど、女のコは怖くないのかなぁ…っていつも思います。
私が男性だったら、とりあえず盗撮用のカメラと録音の準備を万端に整えてから女のコを呼びますね。どやさ(笑)

そのお方、とても心配です。
行方不明になったきっかけを考えると事件に巻き込まれた可能性は低そうですが、本人の意志だとしても、たかがそんなことで…と思ってしまいます。
ご本人が元気な姿で戻られご家族が安心できる日が一日も早く来るよう願ってやみません。

気合いをありがとうございます。
おかげさまで気合い十分でございます~(^_^)
 
[ 2012/09/08 15:56 ] [ 編集 ]
Re: 三十路男様
こんにちは。
今日は安心して深夜までお仕事できますね(笑)
じゃなくて、昨日は遅くまでお仕事ご苦労様でした(^ ^)

部屋の中にお金が転がってるなんて素敵な家でしょう♪(笑)
私は給料明細はしっかりチェックします!お金にはシビアです。
親しい人には気前がいいけど、どうでもいい人に対してはケチです。

基本的にお金の貸し借りはせず(というか以前は借金まみれでしたが)、個人的に貸したいと思ったときはそのままあげちゃいます。
でもそんなことが言えるのも、私が縦社会の中で生きていないからなのかもしれませんね。

おおー、高橋はるみさんですか。ちょっとドキッとしました☆
実際、ネット上には私とは無関係の“高橋はるか”も“風俗嬢のはるか”もいっぱいいますね~

私は今日は仕事自体はオフですが、やるべきことが山積みです。
お互い頑張りましょうね!
 
[ 2012/09/08 15:42 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/09/08 14:19 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/09/08 11:40 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/09/08 06:02 ] [ 編集 ]
Re: 春ちゃん様
私はこのとき『彼がしたことは私のため』って思い込んでいましたが、私が風俗を辞めれば私だけではなく彼も楽になれるんですよね。
このときはそんな大事なことも忘れていて、私は自分のことばかりで彼のことを全然思いやっていなかった…って、ずいぶん後になってすごく反省しました。

私は中身が伴っていないくせに一丁前にプライドだけは高いので、誰かの言葉を素直に受け入れたり、妥協したりということが苦手です。
そういう性格なので、春ちゃん様の“妥協して、新しい一歩を踏み出す勇気と決断”という言葉にドキッとしました。

私の今後の人生で、“妥協して新しい一歩を踏み出す勇気と決断”が必要な場面がまた出てくると思います。そのときは、人を思いやって素直になれる自分でいたいです。
春ちゃん様のコメントを読んで、そう思いました。

あたたかいお言葉、本当にどうもありがとうございます。
 
[ 2012/09/08 01:37 ] [ 編集 ]
はるかちゃん、自身の考えもあるだろうけど、もう少し彼を頼っても良かったんでないかな?彼の気持ちはよくわかるよあたし。もっと人を頼っていいと思います。彼は風俗辞めて欲しかったからずっと我慢してたんだしね。はるかちゃんの意志も強いのはわかるよ。でも妥協して、新しい一歩を踏み出す勇気と決断も人生には必要だよね。それが結果、お互いが幸せになれるのかもしれないのだから。
[ 2012/09/08 00:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

高橋はるか

Author:高橋はるか
接客数のべ20,000人
風俗で経験した業種は、ヘルス・性感・イメクラ・ピンサロ・オナクラなど
私の体験や本音を赤裸々に告白
風俗嬢との遊び方、風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話など様々な疑問にお答えします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。