風俗嬢が答えます!恋愛エッチ業界話

接客数のべ20,000人の元風俗嬢が、風俗嬢との遊び方や風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話やエッチなことなど様々な疑問に答えます
このブログについて
※当ブログには18歳未満の方に相応しくない情報が含まれています
このブログは私が風俗嬢として体験したことや感じたことを赤裸々に綴っています。
客寄せの媚びブログとも違う、ネカマの書いたエロブログとも違う。
正直でわがままで真面目で辛口で毒も吐きますのでご注意を☆

当ブログはFC2のブロマガ(課金記事システム)を利用しています。
『ブロマガ(課金記事)購読する』と表示されている記事を読む場合、FC2IDをお持ちでない方は購入前にまずFC2IDの登録(無料)が必要となります。
ブロマガを購読するとブログ内の有料記事を含むすべての記事を読むことが出来ます。
※ブロマガの購入方法や閲覧方法の詳細はこちらをご覧下さい。
■恋愛話を最初から読むにはここから→ 風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).135

店では、ガラス越しに客のオナニーを見ながら、そして自分の醜態さらしながら、頭の中では彼のことばかり考えていた。

彼の想い、自分の気持ち、彼のお金、私の仕事。


仕事が終わるといつものように家に帰って夕食の支度をし、いつものようにテレビをつけずに二人で食事をした。

無言ではなく会話はする。
笑顔もなく内容もなく気持ちも入っていない、表面上の薄っぺらい会話。
大ゲンカしている最中の方が、まだお互いの心の距離は近いと思う。


息が詰まるようなそんな生活が5日間続き、私は既に限界を感じていた。

『もうダメかな、私はここを出て行くべき?』それとも…
『あのお金を受け取りさえすれば、前みたく仲良くなれるのかな?』



私は自分が勤めるオナクラのオーナーに今回の件を相談した。
これまでの経緯と現在の状態、私の借金と彼の経済状況なども話した。

「なるほどね。実はうちの奥さん昔ヘルスで働いてて僕は客だったんだよ。」

「えっ、そうなんですか!?」

「うん。だからよくわかるんだけど、彼氏のしたことは愛情表現だからその金は受け取るべき。この場合好意に甘えることがはるかちゃんの愛情表現だね。」

「んー…。でも金額がヤバイですよ。」

「そんなの彼氏は最初から覚悟の上で付き合ってんだよ?だからこそ受け取ってやらないと。」

オーナーにそう言われて、私は、彼が私と付き合うときに「責任持てるし覚悟もある」と言ったのを思い出してハッとした。


「それとさ、はるかちゃんはいいよ。僕も店長もスタッフ達もいつだって喜んで相談に乗るし力にもなるよ。でもさ、彼氏はどう?」

「えっ…。」

「彼氏は普段から全部一人で抱えてるはずだよ。はるかちゃんがわかってやらなくてどうするの。」

「あー、そうですね。誰にも言えないですしね。」

「そうだよ、風俗嬢と付き合うのは大変なんだから。もっとでっかく彼氏を包んであげないと。そしたらはるかちゃん今以上にもっといい女になれるよ。」

「はい。ありがとうございます。」


オーナーは他にも、いろいろなアドバイスやエールをくれた。
それから、奥様と付き合っていたときの話や結婚したときのゴタゴタなどオーナー自身の話もしてくれた。

大事なことに気付かせてくれたオーナーに感謝し、私は自分の考え方を改めた。


-136へ続く-


関連記事
[ 2012/09/11 00:54 ] 恋愛のこと | TB(0) | CM(2)
Re: とーのー様
おばさんと、おばさんに関わった人達は災難でしたね。
ただ、おばさんがお金を払わないのは理解できないし、その方もなぜ料金を頂かなかったのでしょうか…。

多くの人と関わるお仕事は、楽しいことも多いけれど面倒なことも多いですね。
会社が負担とか個人が負担とか、その業界でそういうシステムになっていたのは全然知らなかったです。
それを考えると、私は子どももいないですし現金しか使わないしお釣りも貰わないので良いお客さんですねぇ(笑)
[ 2012/09/12 11:10 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/09/11 08:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

高橋はるか

Author:高橋はるか
接客数のべ20,000人
風俗で経験した業種は、ヘルス・性感・イメクラ・ピンサロ・オナクラなど
私の体験や本音を赤裸々に告白
風俗嬢との遊び方、風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話など様々な疑問にお答えします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。