風俗嬢が答えます!恋愛エッチ業界話

接客数のべ20,000人の元風俗嬢が、風俗嬢との遊び方や風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話やエッチなことなど様々な疑問に答えます
このブログについて
※当ブログには18歳未満の方に相応しくない情報が含まれています
このブログは私が風俗嬢として体験したことや感じたことを赤裸々に綴っています。
客寄せの媚びブログとも違う、ネカマの書いたエロブログとも違う。
正直でわがままで真面目で辛口で毒も吐きますのでご注意を☆

当ブログはFC2のブロマガ(課金記事システム)を利用しています。
『ブロマガ(課金記事)購読する』と表示されている記事を読む場合、FC2IDをお持ちでない方は購入前にまずFC2IDの登録(無料)が必要となります。
ブロマガを購読するとブログ内の有料記事を含むすべての記事を読むことが出来ます。
※ブロマガの購入方法や閲覧方法の詳細はこちらをご覧下さい。
■恋愛話を最初から読むにはここから→ 風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).39

「少し水飲める?」

彼は買って来たミネラルウォーターのキャップを外して私に差し出した。

「持てる?」

「うん。」

水を一口だけ飲んでペットボトルを彼に返した。
爽やかとまではいかないが、少しだけ気分が良くなった。



彼は私の座席の背もたれを少し倒し、後ろの座席に置いてあった自分のジャケットを取って私の膝の上に掛けた。

「眠った方がいいよ。」

「ありがとう。」

私は眠くなかったが目をつむった。頭の中を空っぽにしてリラックスしたかった。

しばらくすると私の肩に彼の手が触れた。

「はるかちゃん、車動かしても大丈夫?」

「うん。」

「もしちょっとでも具合が悪くなったらすぐ言って。」


『彼は優しいな、こんな人に想われて私は幸せ者だな…』目をつむったままそんなことを思っていたが、いつのまにかそのまま眠ってしまった。



「はるかちゃん。」

「ん?ごめん、寝ちゃった。」

「大丈夫?もう横浜だけどこのまま帰る?どっか行きたい所ある?」

「うーん…ハマスタよりこっち側がいい。」

「うん、わかった。」

帰りたくなんかない。かと言って、横浜は大好きだけど今は人混みには行きたくない。


車を降りて、港の見える丘公園に行った。

港の見える丘公園はおもいっきり定番デートスポットだが、場所によっては人がいないのでゆっくりと過ごせる。

『今こうして彼の隣にいられることが嬉しい』

横浜の夜景を眺めていると心が癒された。


-40へ続く-


関連記事
[ 2012/06/21 09:05 ] 恋愛のこと | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【風俗嬢とお客様の恋愛(私と彼の場合).39】
「少し水飲める?」彼は買って来たミネラルウォーターのキャップを外して私に差し出した。「持てる?」「うん。」水を一口だけ飲んでペットボトルを彼に返した。爽やかとま
[2012/06/22 00:11] まとめwoネタ速neo
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

高橋はるか

Author:高橋はるか
接客数のべ20,000人
風俗で経験した業種は、ヘルス・性感・イメクラ・ピンサロ・オナクラなど
私の体験や本音を赤裸々に告白
風俗嬢との遊び方、風俗店でのお仕事、風俗業界ウラ話など様々な疑問にお答えします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。